書籍検索

書籍紹介

〈大学入試〉英熟語 最前線 1515 ――イディオム+比喩・ことわざ・口語表現
The Front Line of English Idioms

最新入試傾向の徹底分析で好評のシリーズ第二弾!
著者 石橋草侍、里中哲彦、島田浩史〔著〕
刊行日 2024年4月23日刊行予定
ISBN 978-4-327-76498-2
Cコード 7082
NDCコード 834
体裁 B6判 並装 2色刷 音声DL/図版有り 320頁
定価 定価1,870円(本体1,700円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

*お取り扱いのないネット書店もございます

リアル書店在庫確認

内容紹介
最新の入試問題を精査し、最頻出の基本熟語から難関大を突破する「最前線」の慣用表現までを集めた。熟語の意味をイメージしやすく解説、丸暗記に頼らず熟語を覚えられる。Part 1では熟語を構文ごとにグループ化し、形からまとめて覚えやすくした。長文の内容一致問題にも多用される「言い換え表現」を豊富に収載。長文読解や作文問題で狙われる「比喩・ことわざ・口語表現」も掲載した。熟語を効率よく覚えたい人、関連表現もまとめて覚えたい人、難関大入試でライバルに差をつけたい人におすすめ。
 
<著者紹介>
石橋草侍(いしばし そうじ)
河合塾英語科講師。慶應義塾大学卒。対面授業と映像授業の両方で活躍。時おり教壇から降りて生徒の理解を1つ1つ確認しながら行われる丁寧な授業は幅広い生徒から好評を得ている。教材作成にも長く携わり、大学受験問題に関する豊富な知識に加えて、日々受ける質問や授業内での反応から受験生がどのような点で躓きやすいのかを念頭に置いて効果的なテキスト作りを心掛けている。著書に『大学入試 英単語 最前線 2500』(研究社・共著)など。「理想は高く、視線は低く」を日々実践中。
 
里中哲彦(さとなか てつひこ)
河合塾英語科講師。早稲田大学政治経済学部中退。首都圏を中心に、おもに英作文の授業を担当。河合塾マナビス(映像授業)では、ネイティブスピーカーとともに文法・語法・イディオム・口語などの講座を持ち、全国の受験生から支持をあつめている。著書に『基礎からの英作文パーフェクト演習』(桐原書店)、『「英語口語表現」パーフェクト演習』(プレイス)、『入試英文法でほんとうに大切なこと』(学研プラス)などがある。
 
島田浩史(しまだ ひろし)
河合塾英語科講師。大阪大学歯学部卒。河合塾での対面授業、河合塾マナビスでの映像授業だけでなく、文法テキストチーフや早慶大テキストチーフを歴任し、教材や模試作成、さらにはE-learningやAI教材の研究開発にも精力的に関わっている。『パラグラフリーディングのストラテジー』(河合出版・共著)、『Dual Effect英文法・語法』(河合出版・共著)など著書も多岐にわたり、『全国入試問題正解』(旺文社)の執筆も長年つとめている。
目次
Part 1 最頻出の慣用表現グループ 375項目
Part 2 最頻出の基本熟語 205項目
Part 3 読解で狙われる重要熟語 I(1義) 394項目
Part 4 読解で狙われる重要熟語 II(多義) 150項目
Part 5 難関大を突破する最前線の熟語 127項目
Part 6 難関大を突破する比喩表現 102項目
Part 7 合否を分けることわざ・名言 99項目
Part 8 合否を分ける口語表現 149項目

▲ページトップに戻る