書籍検索

書籍紹介

ノワール文学講義
A Study in Black

アメリカン・ノワールの源流をたどる
著者 諏訪部浩一〔著〕
刊行日 2014年5月22日
ISBN 978-4-327-48163-6
Cコード 0098
NDCコード 934
体裁 四六判 並製 212頁
定価 定価2,310円(本体2,100円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 出口がなく閉塞したこの世界で、不条理な運命に翻弄されてあえぐ人間を、犯罪ドラマのスタイルで描く「ノワール」――ジム・トンプスンの復活やジェイムズ・エルロイの活躍以降、文学・映画において、今日ますます切実な表現として求められているジャンルの起源と根源を、『「マルタの鷹」講義』の新鋭が究明する。未訳作品に解説を付けたノワール文学年表を収録。
 
<著者紹介>
諏訪部浩一(すわべ こういち)
東京大学文学部准教授。1970年東京生まれ。ニューヨーク州立大学バッファロー校博士課程修了。学芸大学、東大駒場を経て、現職。ウィリアム・フォークナーを中心とした20世紀アメリカ文学を研究。現代小説、ミステリにも造詣が深く、『「マルタの鷹」講義』で日本推理作家協会賞受賞。著書に『ウィリアム・フォークナーの詩学1930-1936』(すぐれたアメリカ研究に贈られるアメリカ学会清水博賞を受賞)、共著に『アメリカ文化入門』(三修社)。光文社古典新訳文庫のハメット『ガラスの鍵』、ハヤカワepi文庫版ヘミングウェイ『日はまた昇る』の解説も担当。
目次
I 黒の黎明
黒い誘惑――初期ノワール小説について
 
II 黒の光芒
  ノワール小説の可能性、あるいはフィルム・ノワール
  ファム・ファタール事件簿――ハードボイルド探偵小説の詩学
 
III 黒の先駆
  『ガラスの鍵』――ノワールの先駆
  成長する作家――「『マルタの鷹』講義」補講
  ハメットと文学
 
IV ノワール文学年表
 
あとがき/図版について/索引

▲ページトップに戻る