書籍検索

書籍紹介

講義 アメリカ文学史 ――入門編

『講義 アメリカ文学史[全3巻]』と『補遺版』からエッセンスを抽出し、新情報も追加!
著者 渡辺利雄〔著〕
刊行日 2011年2月21日
ISBN 978-4-327-47222-1
Cコード 3098
NDCコード 902
体裁 四六判 並製 CD(MP3)付 304頁
定価 定価3,024円(本体2,800円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 『講義 アメリカ文学史[全3巻]』(88章、約1500ページ、引用474)および『補遺版』(23章、620ページ、引用190)から、基本的な部分を抽出し、限りなく新しい情報も盛り込んだ。このハンディな1冊で、アメリカ文学の全体の流れがわかる!
 付属CD(MP3)に、引用文の朗読音声(150分!)を収録。略伝、索引も充実。

《音声データ》
・音声の種類:CD(MP3)1枚
・収録時間:150分
・収録言語:英語
・収録スピード:ふつう
 *[ふつう]のスピードの目安は natural slow です。
・特色:文学作品の朗読


<著者紹介>
渡辺利雄 (わたなべ としお)
1935年、台湾新竹市生まれ。1954年、新潟県両津高校卒。1958年、東京大学文学部英文科卒。1961年、同大学同大学院修士課程修了。1962年から64年まで、カリフォルニア大学バークレー校などに留学。東京大学文学部教授、日本女子大学文学部教授・文学部長などを歴任。現在、東京大学名誉教授。専門はアメリカ文学(特に、マーク・トウェイン、ヘンリー・ジェイムズなどのリアリズム文学)。
著書に『フランクリンとアメリカ文学』『英語を学ぶ大学生と教える教師に――これでいいのか? 英語教育と文学研究』(いずれも研究社)、編著に『20世紀英語文学辞典』『読み直すアメリカ文学』(研究社)など、訳書に『フランクリン自伝』(中公クラシックス)、マーク・トウェイン『自伝』(研究社)、『ハックルベリー・フィンの冒険』(集英社)、『不思議な少年』(講談社)、ジョン・ドス・パソス『USA』(岩波文庫、共訳)、ノーマン・マクリーン『マクリーンの川』(集英社文庫)、『マクリーンの森』(集英社)などがある。
2007年12月、自身の研究の集大成といえる『講義 アメリカ文学史[全3巻]――東京大学文学部英文科講義録』を刊行し、さらには2年後の2009年12月には『講義アメリカ文学史 補遺版』を発表した。


目次
まえがき

アメリカ文学の全体像

1 ウィリアム・ブラッドフォードとジョン・ウィンスロップ
2 ジョナサン・エドワーズ
3 ベンジャミン・フランクリン
4 ラルフ・ウォルドー・エマソン
5 ナサニエル・ホーソーン
6 エドガー・アラン・ポー
7 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
8 ハーマン・メルヴィル
9 ウォルト・ホイットマン
10 エミリー・ディキンソン
11 マーク・トウェイン
12 ヘンリー・ジェイムズ
13 ケイト・ショパン
14 ロバート・フロスト
15 シンクレア・ルイス
16 F・スコット・フィッツジェラルド
17 ウィリアム・フォークナー
18 アーネスト・ヘミングウェイ
19 テネシー・ウィリアムズ
20 ラルフ・エリソン
21 バーナード・マラマッド
22 トニ・モリソン
23 トマス・ピンチョン

索引

▲ページトップに戻る