書籍検索

書籍紹介

講義 アメリカ文学史 ――東京大学文学部英文科講義録
Lectures on American Literature for Japanese Scholars and Students――第I巻

著者 渡辺利雄〔著〕
刊行日 2007年12月21日
ISBN 978-4-327-47213-9
Cコード 3098
NDCコード 902
体裁 A5判 上製 476頁
定価 定価7,344円(本体6,800円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
1 単なる事実(作者の伝記、作品のタイトル、発表年)を羅列した概論ではなく、主要作品を絞って深く論じており、どの章も非常に読み応えのある論文になっている。
2 文学作品からまとまった引用をしつつ、それぞれの作品の抽象論ではなく具体的なテーマ、技法を明らかにした。
3 著者が東大で行なった20余年の講義に基づいて書き下ろした、わが国最大のアメリカ文学史講義。
4 複数の執筆者による共同作業の文学史ではなく、一人の視点からアメリカ文学全体をとらえた。
5 古典から現代まで、主要作家を重点的に扱っている。索引も充実。
6 分量は多いが、明確な論旨と平易な文体で、しかも文学史的に興味あるエピソードやゴシップを紹介しつつ、読める文学史を目指した。
7 日本への移入、日本での評価も紹介し、海外の文学史とは一味違った文学史を目指している。(夏目漱石のWhitman論、 日夏耿之介のPoe論、谷崎潤一郎のDreiser論などを含む)
8 引用が多く、詩文選としても読める。引用の多くは主要作品のさわりの部分、海外の研究の定評のある論文の一部である。
9 現在、日本であまり読まれなくなった、知られていない作家についても、十分にスペースを割いた。
10 全体は89章(1500ページ)。アメリカ文学者70名のほか、文学思潮、文学理論、文学運動も補遺的に扱った。

[推薦のことば]

(1)的確な、必要にして十分な量の引用を通して作品そのものの核心をライブ感たっぷりに提示しながら、(2)従来の諸説をバランスよく概観しつつ、(3)一人で文学史を書く強みを活かして一貫した視点からきわめてまっとうな見解を打ち出し、(4)文章は明快で読みやすく、(5)原文を一語一句ていねいに読むとはどういうことなのかをしばしば実演してくれて、(6)作品への愛着と敬意が時に「文学史」の枠を脅かしかねないほど強く随所で顔を見せる。何拍子揃っているかわからない、こんなに刺激的なアメリカ文学史がいままであっただろうか?
柴田元幸(東京大学教授)

文学史とは常に刷新されていく宿命にあるが、本書は、その補遺が必要となるおそらくは21世紀の半ばまで、日本語で書かれたアメリカ文学史の正典であり続けるだろう。その後も無論、3巻に及ぶこの大著が、本邦におけるアメリカ文学研究の里程標となることは確実である。永久保存版の偉業の成就にただただ敬服するしかない。
舌津智之(立教大学教授)


著者紹介
渡辺利雄(わたなべ としお) 
1935年、台湾新竹市生まれ。1954年、新潟県両津高校卒。1958年、東京大学文学部英文科卒。1961年、同大学同大学院修士課程修了。1962年から64年まで、カリフォルニア大学バークレー校などに留学。東京大学文学部教授、日本女子大学文学部教授・文学部長などを歴任。現在、東京大学名誉教授。専門はアメリカ文学(特に、マーク・トウェイン、ヘンリー・ジェイムズなどのリアリズム文学)。
著書に『フランクリンとアメリカ文学』『英語を学ぶ大学生と教える教師に―これでいいのか?英語教育と文学研究』(いずれも研究社)、編著に『20世紀英語文学辞典』『読み直すアメリカ文学』(研究社)など、訳書に『フランクリン自伝』(中公クラシックス)、マーク・トウェイン『自伝』(研究社)、『ハックルベリー・フィンの冒険』(集英社)、『不思議な少年』(講談社)、ジョン・ドス・パソス『USA』(岩波文庫、共訳)、ノーマン・マクリーン『マクリーンの川』(集英社文庫)、『マクリーンの森』(集英社)などがある。
目次
第1章 はじめに
第2章 アメリカ文学の全体像
第3章 アメリカ文学の独自性
第4章 アメリカ文学のロマンス性
第5章 ウィリアム・ブラッドフォード、ジョン・ウィンスロップ、アン・ブラッドストリート
第6章 ピューリタニズムの光と影
第7章 ピューリタニズムとアメリカ文学
第8章 エドワード・テイラー
第9章 キャプテン・ジョン・スミス
第10章 夢の楽園と現実の荒野
第11章 「アメリカの夢」と「アメリカの悪夢」
第12章 メアリー・ローランドソン
第13章 ベンジャミン・フランクリン
第14章 ジョナサン・エドワーズ
第15章 ウィリアム・ブラウン、スザンナ・ハスウェル・ローソン、ハナ・ウェブスター・フォスター
第16章 チャールズ・ブロックデン・ブラウン
第17章 ワシントン・アーヴィング
第18章 ミシェル・ギヨーム・ジャン・ド・クレヴクール
第19章 ジェイムズ・フェニモア・クーパー
第20章 ラルフ・ウォルドー・エマソン
第21章 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
第22章 ナサニエル・ホーソーン
第23章 ハーマン・メルヴィル
第24章 エドガー・アラン・ポー
第25章 ウォルト・ホイットマン
第26章 ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー
第27章 ハリエット・ビーチャー・ストウ
第28章 ルイザ・メイ・オールコット
第29章 エミリー・ディキンソン

▲ページトップに戻る