書籍検索

書籍紹介

シリーズ 英文法を解き明かす9〈全10巻〉
ことばの実際1 話しことばの構造

「話しことば」の構造を解き明かす
著者 内田聖二、八木克正、安井 泉〔編〕 / 澤田茂保〔著〕
刊行日 2016年4月20日
ISBN 978-4-327-23809-4
Cコード 3382
NDCコード 835
体裁 A5判 並製 230頁
定価 定価2,484円(本体2,300円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 英語の「話しことば」には、「書きことば」にはあまり見られないような現象が数多く観察される。けれどもそうした現象は、書きことばに依拠した英文法では見落とされていることが少なくない。本書は、そうしたさまざまな事例を、話しことばの特徴である「場面性」と「リアルタイム性」という側面から捉え直す試みである。「状況省略」や「タグ表現」といった話しことばに頻出の現象が、コミュニケーション上で果たしている役割を解明する。

サンプルページはこちら
《こちらからパンフレットをご覧になれます》


<著者紹介>
澤田茂保 (さわだ しげやす) 1959年富山県生まれ。東北大学情報科学研究科人間情報科学専攻博士課程修了。博士(情報科学)。現在、金沢大学国際基幹教育院外国語教育部門教授。論文:"The Semantics of the 'Body Part off' construction" (English Linguistics, 2000),「It is because…の分布と語法」(『英語語法文法研究』, 2004)など。

目次
第1章 書かれたことばから見た「話しことば」
 はじめに
 1.1 話しことばとその境界域
 1.2 「モダリティ」と「発話行為」
 1.3 SLの特徴
 1.4 場面性とリアルタイム性に関するSLの傾向
 1.5 SLの分析に向けて

第2章 場面から離れられぬ運命――場面性・対面性に関わる諸相について
 2.1 対面での会話の事例観察
 2.2 「状況省略」について
 2.3 「タグ表現」について
 2.4 場面に密着した「定型的表現」
 2.5 「強調」について
 2.6 まとめ

第3章 時間に急かされる宿命――リアルタイム性に関わる諸相について
 3.1 リアルタイムで進む発話の事例観察
 3.2 発話のモデル――Levelt (1989)のモデル
 3.3 「挿入」について
 3.4 順序の変更を伴う表現の挿入
 3.5 「繰り返し」について
 3.6 「言い換え」と「言い直し」
 3.7 構造の変容
 3.8 まとめ

▲ページトップに戻る