書籍検索

書籍紹介

シリーズ 英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法2〈全10巻〉
ことばの基礎2 動詞と構文

英文法を構成する「核」と「周辺」
著者 内田聖二、八木克正、安井 泉〔編〕 / 大室剛志〔著〕
刊行日 2018年8月22日
ISBN 978-4-327-23802-5
Cコード 3382
NDCコード 835
体裁 A5判 並製 220頁
定価 定価2,592円(本体2,400円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 文法とは様々なルールの集積である。本書は、そうしたルールのそれぞれに、「核」(=基本形)と「周辺」(=変種)とが存在することを、構文の分析に基づいて、実証的に明らかにする。取り上げた構文は、同族目的語構文、動作表現構文、使役構文、半動名詞構文など。コーパスをはじめとする言語資料を活用して、各構文の実態に迫る。さらに、このような英語学の研究が、英語教育にいかに貢献できるかについても触れる。

<著者紹介>
大室剛志(おおむろ たけし) 名古屋大学大学院人文学研究科英語学専門教授。1956年、東京生まれ。1986年、筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程単位取得退学。2000-2001年、ハーヴァード大学言語学科客員研究員。専門は、生成文法、動的文法理論、概念意味論、統語論・意味論インターフェイス。単著に『概念意味論の基礎』(開拓社、2017)、共著に『語はなぜ多義になるのか』(朝倉書店、2017)、『意味論』(朝倉書店、2012)、『入門 生成言語理論』(ひつじ書房、2000)、辞典編集に『最新英語学・言語学用語辞典』(開拓社、2015)、辞典執筆に『小学館ランダムハウス英和大辞典(第2版)』(小学館、1994)、『現代英文法辞典』(三省堂、1992)など、論文は多数。
目次
第1章 基本形と変種
第2章 自動詞と同族目的語構文
第3章 自動詞と動作表現構文
第4章 自動詞とOne’s Way構文
第5章 他動詞と使役構文
第6章 他動詞と半動名詞構文
第7章 他動詞と構文イディオムYou scared the living daylights out of me.
第8章 他「動詞」’d rather +S構文
第9章 結語

▲ページトップに戻る