書籍検索

書籍紹介

基本文法から学ぶ 英語リーディング教本

誰でも原書が読めるようになる究極の1冊
著者 薬袋善郎〔著〕
刊行日 2021年11月22日
ISBN 978-4-327-45305-3
Cコード 1082
NDCコード 827
体裁 A5判 並製 2色刷 488頁
定価 定価2,860円(本体2,600円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
英語リーディング書の大ロングセラーとなっている『英語リーディング教本』がさらに進化。中学英語レベルのゼロの状態から始めて、難しい原書も確実に読めるようになる究極の1冊です。本書の指示にしたがって前から順番に学習すれば、どんな人でも英文を着実に読めるようになります。本書に集中して取り組んで、これまでなかなか達成できなかった「英語が読める」という快感を一緒に味わいませんか。
 
 
【はじめに】(抜粋)
 
読者が自分でできるようになることに責任をもつ本です
 
人間は「言葉」を使って思考するのです。思考の道具はあくまでも「言葉」であって、図やイメージは、それを助ける補助手段にすぎません。図やイメージには、見る人の推測や思い込みが介入する余地があります。図やイメージは、本当はわかっていないのに、わかったような気にさせる魔力があります。本書は、読者をわかった気にさせて、気持ちよくさせることを目的とした本ではありません。読者が本当にわかって、自分でできるようになることに責任をもつ本です。ですから「本当はわかっていないのに、わかったような気になる」のを断固として阻止します。要所要所できわどい質問を投げかけて、読者の「わかったつもり」を木端微塵に打ち砕きます。本当にわからない限り、わかった気にさせません。「絶対に誤解してはならないこと」はすべて「言葉」で徹底的に説明します。
 
《本文見本はこちらから》

 
↓薬袋善郎 著の書籍をフローチャートで説明↓
《薬袋善郎の英語参考書シリーズ[表面]》

《薬袋善郎の英語参考書シリーズ[裏面]》

   
<著者紹介>
薬袋 善郎(みない よしろう)
東京大学法学部卒。駿台予備学校などで実力派講師として活躍。英語を論理的に理解するための方法論Frame of Reference(英語構文の判断枠組み)を提唱するとともに、精読の重要性を説き、中学生から社会人まで幅広く支持を集めている。著書多数。映像や音声を媒体にした教材の開発も手がけている。
(メープルファーム出版部、http://minai-yoshiro.com/)
目次
はじめに
 
Lesson 1 4つの品詞
Lesson 2 活用 / 所有格 / 冠詞
Lesson 3 文 / be動詞 (1) / 誘導副詞 there
Lesson 4 語尾の s / be動詞 (2)
Lesson 5 前置詞 / 動詞型
Lesson 6 助動詞 / 名詞が余ったとき / 限定詞
Lesson 7 進行形
Lesson 8 受身
Lesson 9 完了
Lesson 10 動詞・助動詞の把握(1)
Lesson 11 副詞節
Lesson 12 分詞構文・不定詞副詞用法
Lesson 13 関係代名詞
Lesson 14 関係副詞・関係形容詞
Lesson 15 現在分詞形容詞用法・不定詞形容詞用法
Lesson 16 動詞・助動詞の把握(2)
Lesson 17 名詞節
Lesson 18 動名詞・不定詞名詞用法
Lesson 19 wh-word が作る従属節
Lesson 20 過去分詞形容詞用法・過去分詞の分詞構文
Lesson 21 動詞・助動詞の把握(3)
Appendix 1
Appendix 2
Appendix 3
索引
 
《詳しい目次はこちらから》

▲ページトップに戻る