書籍検索

書籍紹介

東工大英単〈新装版〉 ――科学・技術例文集

「英語でものつくり」を実現できる人材育成のために
著者 東京工業大学〔著〕
刊行日 2021年7月26日刊行予定
ISBN 978-4-327-45301-5
Cコード 7082
NDCコード 834
体裁 A5判 並製 音声DL 310頁
定価 定価2,530円(本体2,300円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
東京工業大学の理工系英語データベースを基に編纂。受験生はもとより大学生や科学者、技術者、そして、ものつくりやグローバルビジネスに携わる企業人などが幅広く活用できるように、実践的な科学・技術系の2062の英文を厳選して掲載しました(収録見出し語253)。英文の音声データ(10時間12分!)も無料ダウンロードで提供し、正確な発音を学ぶこともできます。
新装版には、益一哉学長の「まえがき」も収録しました。
 
東京工業大学はグローバル時代に求められる「英語でものつくり」を実現できる人材育成のために、理工系の英語データベースを構築。東京工業大学の教員によって、これまでの英語教育を通じて蓄積されてきた学術語彙を整理し、大学のリソースとしてデータベース化したものです。これを「東工大英語学術語彙データベース」と命名、略称を「Tokyo Tech DEVAP(Database of English Vocabulary for Academic Purposes)」としました。このデータベースには、今後も随時単語や用例が追加されていく予定です。
また、「理学院」「工学院」「物質理工学院」「情報理工学院」「生命理工学院」「環境・社会理工学院」「科学技術創成研究院」「リベラルアーツ研究教育院」の専門教員による各分野の英語学習アドバイス記事も収録します。
 
「東工大英単」はこのデータベースを活用して作られました。
東工大は書籍の発行を通じ、大学が蓄積した知的財産を学内にとどまらず広く社会に還元し、その英知を結集した実践的単語・例文集で、世界に向けて英語で発信できる人材育成に貢献します。
 
《本文見本はこちらから》
 
 
《音声データ》
・音声の種類:HPよりダウンロード 《 音声はこちらからダウンロードできます
・収録時間:220分
・収録言語:英語
・収録スピード:ふつう
 *“ふつう”は natulal slow を目安にしています。
<著者紹介>
東京工業大学(Tokyo Institute of Technology)
1881 年(明治14 年)、東京職工学校として創立され、140 年の歴史を持つ国内最高峰国立理工系総合大学。6 つの学院(理学院、工学院、物質理工学院、情報理工学院、生命理工学院、環境・社会理工学院)があり、学士課程、大学院合わせて約1 万人の学生と教職員約3600 人を有する。
学部と大学院を統一した「学院」は、学士課程(※学部相当)と修士課程、修士課程と博士後期課程の教育カリキュラムが継ぎ目なく学修しやすく設計された教育体系を持つ。これにより、学生は入学時から大学院までの出口を見通すことができ、自らの興味・関心に基づく多様な選択・挑戦を可能としている。理工学分野における研究者および教育者、さらには産業界における技術者および経営者として世界に通用する人材を育成するため、学院での理工系専門教育とともに、リベラルアーツ研究教育院による学士課程入学直後の「東工大立志プロジェクト」を皮切りとした充実した人文・社会系科目群を揃えている。
また、科学技術創成研究院には、それぞれ明確なミッションを持つ研究所、研究センター、小規模のチームで最先端の研究を行う研究ユニットを設置し、新たな研究領域の創出、異分野融合研究の推進、人類社会の問題の解決、将来の産業基盤の育成、産学連携の強化などを使命として、生命科学、化学、材料、エネルギー、電子情報、機械、防災など幅広い分野で先導的な研究を行っている。
学生の約17% が留学生であり、海外の100 以上の大学等と協定を結び、5 つの海外拠点を持ち、学生・研究員・教職員の国際連携を活発に行なっている。国際化時代に対応した異文化理解と高度な外国語運用能力の育成には、リベラルアーツ研究教育院があたっている。 東京工業大学は、世界を舞台に科学技術の分野で活躍できる人材の輩出と地球規模の課題を解決する研究成果によって社会に寄与し、「世界最高の理工系総合大学」の実現を目指す。
公式URL: https://www.titech.ac.jp/

▲ページトップに戻る