書籍検索

書籍紹介

必ずものになる 話すための英文法シリーズ〈全9巻〉
必ずものになる 話すための英文法 Step 6 [中級編 II ]

ちょっと複雑な英語もしゃべってみたい方へ。「中級編」全面改訂!
著者 市橋敬三〔著〕
刊行日 2008年3月24日
ISBN 978-4-327-45212-4
Cコード 1082
NDCコード 837
体裁 四六判 並製 CD付 194頁
定価 定価1,650円(本体1,500円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
かねてより、旧版ファンから「中級編」を望む声は高く、「初級」以上、「中級」未満の多くの読者の期待に応えるべく全面改訂しました。レベルは文法項目が「初級編」よりはやや高度になりますが、例文は各項目5つに厳選し、身のまわりの会話からビジネス現場の会話まで実にリアルなものばかりです。CD吹き込みのネイティブが感心するほどのナチュラルな英文をナチュラルなスピードで収録しましたので、リスニングのトレーニングにも最適です。
 
●こんな例文も「文法テーマ別」に登場します
・He's the best guy for this job I can think of.
 彼は私が思いつくかぎり、この仕事には最適な人です。
・We'd better cut down on the prices so (that) we can beat the competition.
 うちはライバル会社に勝つために値段を下げた方がいいね。
・Even though I only slept for a few hours last night, my brain works really well.
 私は昨夜、数時間しか寝ていないですが、頭の調子は非常にいいんです。
・As long as we keep the lunch prices down to three bucks, I think we're going to have a lot of repeat customers.
 ランチの値段を3ドルにおさえている限り、常連客は大勢来てくれると私は思います。
 
《音声データ》
・音声の種類:CD1枚
?《 音声はこちらからダウンロードもできます
・収録時間:45分28秒
・収録言語:英語
・収録スピード:やや速い
・特色:各項の最初の例文だけを読み上げる「レビュー・セクション」あり。
 
<著者紹介>
市橋敬三(いちはし・けいぞう)
 英語著述家、英語教育評論家、アメリカスペシャリスト。長年の滞米生活によりアメリカ英語を身につける。
 英会話上達の秘訣は、「英文法を知っているではなく、使い切れるようにすることにある」と、英会話にとって英文法の不可欠性を、1984年に刊行した著書の中で、日本の英会話教育史上初めて唱えた、この道の草分けであり、現在も第一人者的存在。
 『必ずものになる 話すための英文法』シリーズ4冊(1984、研究社)は、20年間ベストセラーである。「英文法イコール英語の長文読解をするためのもの」という長年の誤ったイメージを根底からくつがえし、今日まで日本の英会話教育に大きな影響を巻き起こしてきた。
 オハイオ州の名門校マウントユニオン大学を、優等(cum laude)で卒業。言語であるアメリカ英語を研究するだけでなく、アメリカ研究学を専攻し、アメリカの歴史、政治、社会、地理、宗教などを研究したあと、ニューヨークでビジネス界に身を投じ、これらの体験によりアメリカの真の姿を知悉している数少ない知米家のひとり。
 著書は新聞、雑誌の書評欄に掲載され大好評を博し、また、Amazon ほか、多くのサイトで何度も好反響を得てきている。
 著書は『必ずものになる 話すための英文法』入門I、II〜初級I、II<ステップ(1)〜(4)>(研究社)『TOEICテスト』シリーズ13冊、『3週間で英語が話せる魔法の英文法』シリーズ5冊、『中学英語で言いたいことが24時間話せる』シリーズ2冊、『アメリカ英語ビジネス会話辞典』『アメリカ英語日常会話辞典』(いずれも南雲堂)、『最新 アメリカ英語表現辞典』(大修館書店)など、70冊以上ある。
目次
【1】関係形容詞 人を説明する 人+that+動詞
【2】関係形容詞 人を説明する 人+that+主語+動詞
【3】関係形容詞 人を説明する 人+主語+動詞
【4】関係形容詞 無生物の名詞を説明する that+動詞
【5】関係形容詞 無生物の名詞を説明する (that)+主語+動詞
【6】関係形容詞 時の表現+主語+動詞(1)
【7】関係形容詞 時の表現+主語+動詞(2)
【8】関係形容詞 There was a time+主語+動詞 ... 「…であったとき[時代]がありました」
【9】関係形容詞 There are times+主語+動詞 ... 「…する時がときどきあります」
【10】関係形容詞 That was[is]the day+主語+動詞 ... 「…した日でした[です]」
【11】関係形容詞 That was the year主語+動詞 ... 「…した年でした」
【12】関係形容詞 ...reasons why+主語+動詞 ...
【13】関係形容詞 ...reasons+主語+動詞 ...
【14】関係形容詞 場所+where+主語+動詞
【15】現在分詞 名詞+...ing(1)
【16】現在分詞 名詞+...ing(2)
【17】現在分詞 感覚動詞+名詞+...ing(1)
【18】現在分詞 感覚動詞+名詞+...ing(2)
【19】名詞+過去分詞
【20】感覚動詞+名詞+being+過去分詞
【21】目的を表わす so (that)+主語+can+動詞 「…するために…」「…するように…」
【22】程度を表わす so+形容詞+ (that)+主語+動詞 「非常に…なので〜である」
【23】程度を表わす so+副詞+ (that)+主語+動詞 「非常に…なので〜である」
【24】程度を表わす As+主語+進行動詞 「…するにつれて」
【25】譲歩を表わす Even though+主語+動詞 「…であるけれども」
【26】譲歩を表わす Whether+主語+現在動詞or not..., 主語+動詞 「…してもしなくても」「…でも…でなくても」
【27】譲歩を表わす It’s true+主語+動詞 ...but+主語+動詞 「なるほど…であるが〜だ」
【28】条件を表わす As long as+主語+動詞 「…している限り」
【29】様態を表わす like+主語+動詞 「…ように」
【30】様態を表わす as+主語+動詞 「…ように」
【31】判断形容詞+to+動詞の原形(1)
【32】判断形容詞+to+動詞の原形+前置詞(2)
【33】判断「…とは」 推量の助動詞+to+動詞の原形
【34】判断「…なんて」「…とは」 疑問文+to+動詞の原形 ...?[感嘆文+to+動詞の原形 ...!]
【35】仮[形式]主語 It’s+形容詞+to do ...
【36】仮[形式]主語  It’s+形容詞+for+人+to do ...
【37】仮[形式]主語 It’s+形容詞+of+人+to do ...(1)
【38】仮[形式]主語 It’s+形容詞+of+人+to do ...(2)
【39】主語+seem like+名詞 「…のようです」
【40】主語+look like+名詞 「…そうですね」「…のようですね」「…に似ています」
【41】主語+sound like+名詞 「…のようです」
【42】主語+seem to+状態動詞 「…のようだ」「…のようです」
【43】It doesn’t seem to me (that) +主語+動詞... 「…とは私には思えません」
【44】None of the[所有格]+複数名詞 「誰も…でない」
【45】None of the[these]+複数名詞 「どれも[どれにも]…ではない」
【46】None of the+複数名詞 「どこも…ではない」
【47】None of the[one’s]+不可算名詞 「どれも…ではない」
【48】Let’s+動詞 ... 「…しましょう」
【49】Why don’t we+動詞 ...? 「…しましょう」
【50】How about ...? 「…はどうですか」
【51】Let’s not+動詞 ... 「…しないことにしましょう」
【52】1音節の形容詞の比較級
【53】2音節以上の形容詞の比較級
【54】good の比較級better
【55】bad の比較級worse
【56】many の比較級more
【57】much の比較級more(1)
【58】much の比較級more(2)
【59】wellの比較級 better
【60】比較級 less+形容詞+than
【61】1音節の最上級
【62】goodの最上級 bestとbadの最上級 worst
【63】many の最上級most
【64】littleの最上級least
【65】序数詞+最上級 「…番目に大きい」
【66】A+as+形容詞+as+B 「AはBと同じくらい…である」
【67】A+as+副詞+as+B 「AはBと同じくらい…である」
【68】A+not as+形容詞+as+B 「AはBほど…でない」
【69】A+not as+副詞+as+B 「AはBほど…でない」
【70】You+動詞+just as+副詞 「あなたもね」
【71】Yours is just as+形容詞 「あなたのも…です」
【72】主語+動詞+just as+副詞[形容詞] 「私[あなた]も…です」
【73】Yesを「いいえ」、 Noを「はい」と訳すとき(1)
【74】Yesを「いいえ」、 Noを「はい」と訳すとき(2)
【75】Yesを「いいえ」、 Noを「はい」と訳すとき(3)
【解説編】

▲ページトップに戻る