書籍検索

書籍紹介

英語アカデミック・ライティングの基礎

英語でレポート・論文を書くための入門書
著者 一橋大学英語科〔著〕
刊行日 2015年2月19日
ISBN 978-4-327-42194-6
Cコード 1082
NDCコード 836
体裁 A5判 並製 96頁
定価 定価1,210円(本体1,100円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
初めて英語でレポート・論文を書く人に最適の教科書。
トピックの選び方から始まり、図書館・ウェブでのリサーチの仕方、文章構成のテクニック、正しい引用の作法、書式の整え方、文献一覧作成まで、初歩から手とり足とり教えてくれる。
図版や記入シートなどを用いて、基本的なスキルをまず一通り身につけられるよう、簡潔に構成されている。
 
サンプルページはこちら
目次
1. 0 アカデミック・ライティングの文化
 1.1 リサーチ・ペーパー作成の流れ
 1.2 トピックの選び方
 1.3 トピック選択シートを使って、トピックを決める
 1.4 トピック選択シート
 
2. 0 リサーチを始めるにあたって
 2.1 インターネットでリサーチする
  2.1.1 検索に便利なサイト
 2.2 大学図書館を利用する
  2.2.1 本と雑誌での論文の探し方
  2.2.2 検索のコツ
  2.2.3 所属大学の図書館に資料がない場合
 
3. 0 リサーチ・ペーパーの構成
 3.1 主題文( Thesis Statement )とアウトライン
  3.1.1 主題文を書く
  3.1.2 アウトラインを作る
 3.2 サンプル・アウトライン
 
4. 0 原稿を書く
 4.1 本論を書く
  4.1.1 パラグラフ・ライティングとは
 4.2 論旨の展開を分かりやすくするために
  4.2.1 論の順序やつながりを示す表現
  4.2.2 論文中で避けるべき表現
 4.3 序論・結論を書く
  4.3.1 序論
  4.3.2 結論
 4.4 文章サンプル
  4.4.1 短めの学術論文(The Academic Essay )
  4.4.2 その他のスタイル
 
5. 0 論文の体裁を整える
 5.1 論文タイトルについて
 5.2 書式サンプル
 5.3 書式設定について
 5.4 イタリックと引用符の使い方
 
6. 0 さまざまな引用の仕方を学ぶ――剽窃を避けるために
 6.1 直接引用と間接引用
 6.2 引用時によく使う動詞や表現
 6.3 直接引用のパターン
  6.3.1 短い引用
  6.3.2 長い引用
 6.4 間接引用――パラフレーズとサマリー
  6.4.1 パラフレーズ
  6.4.2 サマリー
 6.5 文章中の引用文献の示し方
 6.6 引用文献(Works Cited )リストの作り方
 
Appendix 1 サンプル論文(一部)& 参考文献リスト
Appendix 2 APA 方式・シカゴ方式による引用文献の示し方の例
 
参考文献 

▲ページトップに戻る