書籍検索

書籍紹介

日本語学を斬る

「定説」を徹底的に批判して、目の覚めるような新説を提示する
著者 国広哲弥〔著〕
刊行日 2015年1月19日
ISBN 978-4-327-38469-2
Cコード 3081
NDCコード 815
体裁 四六判 並製 188頁
定価 定価1,650円(本体1,500円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 「日本語学の発展に大きな貢献を果たしてきた著者が、日本語学における「定説」に疑問を呈して、目も覚めるような新説を提示することで、さらなる高みを目指す集大成的作品。近年大きな進歩を遂げている脳科学の見識を大胆に取り入れ、ソシュール理論の根本的欠陥をつき、日本語学の「定説」を斬るとともに、その新たなる可能性を切りひらく。最終章では言語学者になるまでの自らの人生を振り返り、「次」を担う世代へメッセージを送る。
 
サンプルページはこちら
 
<著者紹介>
国広 哲弥 (くにひろ てつや)
1929年、山口県生まれ。東京大学名誉教授。東京大学文学部言語学科卒。言語学・意味論専攻。1979年文学博士(東京大学)。著書に『意味論の方法』(大修館書店)、『ことばの意味 全3巻』(平凡社、共著)ほか多数。
目次
序 章 言語観
第一章 日本語音素体系――ローマ字正書法を考える――
第二章 動詞形態論――動詞に活用体系は存在しない――
第三章 ル・タ・テイルについて――動詞語尾論――
第四章 ソの社交的転用法――指示詞の領域説から心的視点説へ――
第五章 ハとガについて――――日本語に格助詞は存在しない――
第六章 ハ・ガについて――金田一説・久野説との比較検討――
第七章 語彙論と表現論
第八章 展望――これからの日本語研究に望むこと――
あとがきに代えて――私が言語学の道に入るまで――
 
参考文献
索 引

▲ページトップに戻る