書籍検索

書籍紹介

やさしい言語学

広くやさしく学べる、一番最初の入門書
著者 高橋留美、大塚みさ、杉本淳子、田中幹大〔著〕
刊行日 2021年6月21日
ISBN 978-4-327-37748-9
Cコード 0081
NDCコード 801
体裁 A5判 並製 252頁
定価 定価2,420円(本体2,200円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
「言語学」と言われて思い浮かべる主だった分野を見渡せる概説書です。例を多く入れ、やさしい言葉で説明してあるので、言語学を勉強するための最初の1冊に最適です。半期の授業にも使いやすい全14章構成。各章末には、内容理解を確認し、さらに深い学びにつなげるための「問題」と「読書案内」が、そして巻末には「問題」の解答がついています。「社会言語学」「心理言語学」といった学際領域も扱っています。
 
<著者紹介>
高橋留美(たかはし るみ)[昭和大学富士吉田教育部教授]
東京外国語大学外国語学研究科ゲルマン系言語専攻英語学コース修了(文学修士)。専門は英語学、英語辞書学、社会言語学。主な著作:『社会のなかの言語−現代 社会言語学入門』(共訳、三省堂)、『世界のことば100語辞典 ヨーロッパ編』(英語の項を執筆、三省堂)、『辞書学辞典』(訳者、研究社)。
 
大塚みさ(おおつか みさ)[実践女子大学短期大学部日本語コミュニケーション学科教授]
早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専門は日本語学(語彙論・意味論)。主な著作:Dictionnaire Assimil Kernerman: Japonais (Japonais-Francais, Francais-Japonais) (共編、Assimil)、『講座 ITと日本語研究7 ウェブによる情報収集』(第2章執筆、明治書院)、『計量国語学事典』(意味関連項目の一部を執筆、朝倉書店)。
 
杉本淳子(すぎもと じゅんこ)[聖心女子大学英語文化コミュニケーション学科准教授]
東京外国語大学大学院博士前期課程およびロンドン大学(UCL)大学院修士課程修了。東京外国語大学大学院博士後期課程満期退学。専門は英語音声学・音韻論、英語学。主な著作:『大人の英語発音講座』(分担執筆、NHK出版)、『英語教師のための 音声指導Q&A』(共著、研究社)。
 
田中幹大(たなか みきひろ)[甲南女子大学国際学部国際英語学科准教授]
エディンバラ大学大学院博士課程修了。PhD in Psychology。専門は心理言語学。主な著作:『パソコンがあればできる! ことばの実験研究の方法――容認性調査、読文・産出実験からコーパスまで』(第6章執筆、ひつじ書房)、Processing and Producing Head-?nal Structures (Studies in Theoretical Psycholinguistics (38))(第6章を共同執筆、Springer)。
目次
第1章 はじめに−ようこそ言語学の世界へ
第2章 音の作り方(音声学)
第3章 音の使い方(音韻論)
第4章 単語のしくみ(形態論・語彙論)
第5章 意味の世界(意味論1)
第6章 単語間の意味関係(意味論2)
第7章 文のしくみ(統語論1)
第8章 文の意味(統語論2)
第9章 談話のしくみ(語用論1)
第10章 会話のしくみ(語用論2)
第11章 言語のバリエーション(社会言語学1)
第12章 言葉と変化(社会言語学2)
第13章 文理解(心理言語学1)
第14章 文産出(心理言語学2)

▲ページトップに戻る