書籍検索

書籍紹介

英米法律語辞典
Koyama's Dictionary of Anglo-American Legal Terminology

待望の、最新の、英米法辞典  引きやすい小項目主義
英米の法・法制度を理解する上で必携
著者 小山貞夫〔編著〕
刊行日 2011年6月24日
ISBN 978-4-7674-9107-3
Cコード 3532
NDCコード 833
体裁 A5判 上製 1440頁
定価 定価21,600円(本体20,000円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
●待望の最新の英米法辞典 ●英米の法・法制度を理解する上で必携 ●見出し項目約35,000 ●法律専門語のみならず、法律関係の文献や報道記事を読む上で有用な一般語・日常語・俗語・人名も広範囲に採録 ●引きやすい小項目主義で、適訳・定訳を完備 ●関連項目への参照(クロスレファレンス)を徹底させ、キーワードを手がかりに関連用語群を一覧できる「例語」式検索方式を採用。


<著者紹介>
小山貞夫 (こやま さだお) 1936年横浜生まれ。東北大学法学部卒、法学博士(東北大学);東北大学法学部教授等を経て、現在東北大学名誉教授、日本学士院会員。専攻:西洋法制史。
I 著書:
1.『中世イギリスの地方行政』創文社, 1968(増補版 1994)
2.『イングランド法の形成と近代的変容』創文社, 1983
3.『絶対王政期イングランド法制史抄説』創文社, 1992

II 翻訳書:
1. メイトランド著『イギリスの初期議会』創文社, 1969
2. ベイカー著『イングランド法制史概説』創文社, 1975
3. メイトランド他著『イングランド法とルネサンス』創文社, 1977
4. メイトランド著『イングランド憲法史』創文社, 1981
5. クライムズ著『中世イングランド行政史概説』創文社, 1985
6. ヴァン・カネヘム著『裁判官・立法者・大学教授―比較西洋法制史論―』ミネルヴァ書房, 1990

III 論文: 多数

目次
●英米法の領域で用いられる用語・術語を、ローマ法・ヨーロッパ大陸法・アングロサクソン法関係を含めて、幅広く採録。見出し項目約35,000(成句・法格言・派生語・略語・固有名〔判例名・法令名・人名等〕を含む)。
●法律専門語のみならず、法律関係の文献や報道記事を読む上で有用な一般語・日常語・俗語・人名も広範囲に採録。
●引きやすい小項目主義で、適訳・定訳を完備。
●関連項目へのクロスレファレンスを徹底、キーワード式検索方式を採用。
●非専門家でも専門語の理解を可能にする簡潔な説明。
●発音・用例・語法上の注記など、法律語の語学的側面にも配慮。
●法学研究者・法実務家・法学生はもとより、社会科学一般の研究者、さらには英米の歴史・社会・文学・文化全般に関心をもつ読書人や翻訳家にとっても、きわめて有益。
●巻末に、索引を兼ねた法律用語和英対照表。


▲ページトップに戻る