書籍検索

書籍紹介

やさしい日本語とやさしい英語でおもてなし

訪日客をもてなすための伝わりやすい言葉のルール
著者 藤田玲子、加藤好崇〔著〕
刊行日 2018年7月19日
ISBN 978-4-327-44117-3
Cコード 0082
NDCコード 837
体裁 四六判 並製 212頁
定価 定価1,512円(本体1,400円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
★英語でおもてなし? いいえ、これからはやさしい日本語とやさしい英語でもてなそう!

外国人観光客 = 英語を話す人、ではありません。
英語より日本語になじみのある人も多いのです。
(1) まずは「やさしい日本語」で話してみる。
(2) 通じなければ「やさしい英語」やジェスチャーも使ってみる。

外国人観光客と、積極的にコミュニケーションをはかり、楽しくおもてなしするためのヒントを教えます。
現地で言葉が通じた!という喜びを、旅のお土産として持ち帰ってもらいましょう。


<著者紹介>
藤田 玲子(ふじた・れいこ) 日本航空客室乗務員などを経て現在は東海大学国際教育センター教授。英語教育と開発教育を専門とする。ESP(English for Specific Purposes: 特殊目的のための英語)の枠組みの中で 観光英語や観光コミュニケーションを研究している。近年は開発教育と観光の関わりも研究対象としている。著書に『Travel English: For Tourism Industry Professionals』(マクミランランゲージハウス)、『ビジネスミーティング英語力』(朝日出版社、共著)、『英語通訳ガイド試験』(研究社、共著)がある。

加藤 好崇(かとう・よしたか) 東海大学国際教育センター教授。日本語教育学、社会言語学を専門とする。近年は観光接触場面での言語使用を研究対象としている。主な著書に『異文化接触場面のインターアクション』(東海大学出版会、単著)、『日本語・日本語教育の研究――その今、その歴史』(スリーエーネットワーク、編著)などがある。やさしい日本語ツーリズム研究会代表。
ホームページURL:http://www.xj.u-tokai.ac.jp/touristtalk/index.html
目次
Chapter1 「やさしい言語」でおもてなし
 1 日本全国が国際観光地! 準備はできていますか?
 2 「やさしい日本語」のすすめ
 3 「やさしい英語」のすすめ

Chapter2 外国人観光客とのコミュニケーションと「オモテナシ」
 1 異文化コミュニケーションは難しい?
 2 非言語の異文化コミュニケーションとは?
 3 あなたも異文化コミュニケーター
 4 外国人への「オ・モ・テ・ナ・シ」

Chapter3 「やさしい言語」のルール
 1 やさしい言語の会話プロセス
 2 「やさしい日本語」のルール
 3 会話の開始と微調整の方法
 4 「やさしい英語」のルール
 5 慣れてきたら使いたい接客英語

Chapter4 「オモテナシ」会話
   基本フレーズ集
 1 宿泊施設
  1-1 チェックイン
  1-2 館内の案内
  1-3 部屋の説明
  1-4 Wi-Fiの説明
  1-5 食堂
  1-6 トラブル
  1-7 紛失物
  1-8 病気
  1-9 チェックアウト
  1-10 お別れのあいさつ
  1-11 電話予約
 2 情報提供
  2-1 ATMの場所の案内
  2-2 おすすめのレストラン
  2-3 近くのおすすめスポット
  2-4 観光の予定
  2-5 バスでの交通案内
  2-6 電車での交通案内
  2-7 徒歩での道案内
  2-8 タクシーの手配
 3 飲食店
  3-1 入り口での対応
  3-2 居酒屋での対応
  3-3 定食屋の注文対応
  3-4 メニューの説明
  3-5 食べ方の説明
  3-6 会計
  3-7 コーヒーショップ
  3-8 そば屋、ラーメン屋
  3-9 電話予約
 4 お店・観光施設
  4-1 食料品の説明
  4-2 特産品の説明
  4-3 衣料品の説明
  4-4 会計
  4-5 コンビニのレジ対応
  4-6 薬局での対応
  4-7 チケット売り場
  4-8 チケットの説明
  4-9 チケットの確認
  4-10 トイレの場所の案内
 5 災害
  5-1 火事
  5-2 地震・津波
  5-3 地震の後
  5-4 台風

付 録
  おさらい英文法
  観光現場のやさしい英語パターン
  英語の数字の読み方
  日本語の数字の読み方
  参考になるウェブサイト
  カタカナ語リスト

▲ページトップに戻る