書籍検索

書籍紹介

TOEIC® SPEAKING テスト問題集 新形式完全対応版

2019年6月から実施の新形式(1. メモが取れる、2. 準備時間が長くなった)に完全対応した、最新の問題集。
著者 ロバート・ヒルキ、デイビッド・セイン〔著〕
刊行日 2019年12月17日刊行予定
ISBN 978-4-327-43094-8
Cコード 1082
NDCコード 830
体裁 A5判 並製 音声DL 204頁+別冊72頁
定価 定価2,530円(本体2,300円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
●TOEIC®は4技能に対応しており、TOEIC® Speaking and Writingテスト(SWテスト)は受験者が急増している。

●2016年1月からはSpeakingテストのみの受験も可能になった。

●本書は、このTOEIC® Speakingテストを、長い年月をかけてあらゆる方向から分析し、詳細な解説と本番さながらの模擬テストを5セット用意した『TOEIC® SPEAKINGテスト問題集』の待望の改訂新版。

●2019年6月から実施の新形式(1. メモが取れる、2. 準備時間が長くなった)に完全対応し、模擬テストも1セット追加(計6セット)。

●各企業が求めるスコア(海外出張レベル150点以上)を取るために必要な知識と技術をすべて盛り込んだ。

〈著者紹介〉
ロバート・ヒルキ(Robert Hilke) 企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師。University of California 大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC, TOEFL, GREなど、テスト対策のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向けに年間約250日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授歴は30年近くにおよぶ。著書に、『TOEIC® テスト完全教本 新形式問題対応』(デイビッド・セインと共著、研究社)のほか、「頂上制覇TOEIC® テスト 究極の技術」シリーズ全6 巻(研究社)、『新TOEIC® テスト 直前の技術』 (アルク)など多数。

デイビッド・セイン(David A. Thayne) カリフォルニア州Azusa Pacific Universityで、社会学修士号取得。日本で30年近くにおよぶ豊富な英語教授経験を持ち、これまで教えてきた日本人生徒数は数万人におよぶ。現在までに120 冊以上、累計300万部の著作を刊行。著書に『ネイティブが教える 英語の時制の使い分け』『ネイティブが教える ほんとうの英語の前置詞の使い方』『ネイティブが教える ほんとうの英語の助動詞の使い方』『ネイティブが教える ほんとうの英語の冠詞の使い方『はじめてのTEAP 対策問題集』(研究社)ほか多数。

▲ページトップに戻る