書籍検索

書籍紹介

英文ビジネスEメールがサクサク書ける ――自律的ライティングのすすめ

あなたも効率的に英文Eメールが書ける!
著者 戸田博之〔著〕
刊行日 2015年8月21日
ISBN 978-4-327-43085-6
Cコード 1082
NDCコード 836
体裁 A5判 並製 144頁
定価 定価1,620円(本体1,500円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 コピペや辞書に頼っていては、ビジネスで要求されるスピードで英語を書くことはできません。日本語で書くのと同じ時間で、英文Eメールを書くにはどうしたらいいでしょうか。
 長年ビジネスの現場に身を置き、今はビジネス英語講師として活躍する著者が、効率的に英文Eメールを書くためのポイントと、これまで身につけてきた英語の知識を最大限発揮して、他人の力を借りずに英語を書く力(自律的ライティング力)を身につける方法をお教えします。

サンプルページはこちら

<著者紹介>
戸田博之 (とだ ひろゆき) 東北大学法学部卒業。在学中にカリフォルニア大学サンタバーバラ校に留学。住友銀行(現三井住友銀行)に入行し、海外勤務を含む海外関連業務に主に従事の後、米国で独立。2001年より外資系金融2社で勤務。2011年よりオフィス・エイ・エイチ代表。英語メール、英語プレゼンテーション、金融財務英語、基礎文法からTOEIC指導まで、企業の英語研修ニーズに幅広く応える。2014年に、ビジネス経験を持つ英語研修講師(含むネイティブ講師)を組織し、ブルーハットグループを創設。

目次
Part 1 コピペに頼っていませんか、あなたの英文Eメール・ライティング?

  コピペの限界
  目指すライティング時間
  発想の転換:学校英語からビジネス英語へ
 

Part 2 実践英文Eメール・ライティングの具体的手法

1. まず英文Eメールの型を覚える
  敬辞の書き方
  件名 (Subject)
  本文の流れはこう書く
  結びの言葉で相手のアクションを促す
  こう書いても相手は動きません!

2. 本文の書き方
  第1パターン「時候の挨拶は書かない」
  第2パターン「第1センテンスを、いつも同じ書き方にする」
  英文Eメール・ライティングはパズル完成の発想で
  箇条書きというすぐれもの
  簡潔さを追求する
  ポジティブに書く
  「よろしくお願いします」が通じない理由(結びの言葉の大切な役割)
  結辞について
  署名の利用とちょっとした気遣い
  添付資料のある時は?

3. ネイティブでないことを克服する
  悲観しなくても良い理由
  克服する2つの条件:分かりやすさと正確さ
  分かりやすい文章とは?
  再び本文の構成について
  ポイントを押さえる
  曖昧な表現を避ける
  難しい表現を避ける
  正確な文章とpolitical correctness
  どこからモデルを持ってくるか
  英作文は諦めて「英借文」から始める
  表記について
  Punctuation(句読点)

4. 相手を動かしビジネスを進めるための3つのテクニック
  明確な期限でタイム・マネジメント
  理由を添えたら相手は動かざるを得ない
  時には感情に訴える

5. 英文Eメールを速く書く技術
  英文Eメールを残業の理由にしないために
  まず足腰を鍛える(スーパー・マトリックスの効用)
  辞書に頼らず速く書く発想の大転換:5W1H法があなたを助ける


Part 3 覚えて活用したい定型表現105(英文Eメール「あるある」表現)
  メールの書き出し
  近況を尋ねる(短くすることがポイント)
  自己を名乗る
  連絡の目的を伝える
  相手からの連絡に対する応答
  自社を紹介する
  相手について問い合わせる
  会合、会議などを設定する
  行き違い等の解消
  感謝
  お詫び
  メールの送受信に関する事務的な表現


Part 4 トレーニング編

▲ページトップに戻る