書籍検索

書籍紹介

Speaking Practice for Presenting in English:
Tokyo University of Science English Speaking and Listening
 ――Tokyo University of Science English Listening and Speaking

理科系の学生のためのスピーキング、プレゼンテーション教本。
著者 Makiko Asaba、(浅場 眞紀子)〔著〕
刊行日 2019年8月22日刊行予定
ISBN 978-4-327-42200-4
Cコード 1082
NDCコード 837
体裁 A5判 並製 音声DL 100頁
定価 定価1,620円(本体1,500円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 基本的なスピーキングから学会でのプレゼンテーションまで。理科系の学生に必要なスピーキング技術がこれ1冊で学べる。音声無料ダウンロード。

〈著者紹介〉
Ms. Makiko Asaba is the co-founder and CEO at Q-Leap Inc, an educational service company specializes in English teaching. Ms. Asaba acquired a master’s degree in TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) from Columbia University Teachers College with the hope of contributing to English education in Japan. She has trained more than 5,000 Japanese executives and business professionals through corporate lessons. Her interests include business English and English for specific purposes (ESP) especially in the area of speaking.

浅場 眞紀子(あさば・まきこ) コロンビア大学ティーチャーズカレッジ英語教授法(TESOL) 修士課程修了。 慶応義塾大学卒業後、米穀物メジャーCargill、石油メジャーBPの外資2社に計10年トレーダー兼アナリストとして勤務。その間シカゴ、NY、ジュネーブに合計3年半駐在。ビジネスバックグラウンドと英語教授法の理論を組み合わせた企業研修を目指し、パートナーの愛場吉子と2014年にQ-Leap株式会社(http://q-leap.co.jp/)設立。
現在は企業研修、セミナー、その他大学、ビジネススクールなどで教壇に立つ他、コンテンツ作成も多方面で行っている。
主な著書に、『[音声DL付]話せる英語ドリル300文〜Q-Leap式! 1日10文で始める・続ける』『ビジネスがはかどる! 英文Eメールハンドブック』(アルク)、『TOEICテストスピーキング/ライティング総合対策』(旺文社)など。
目次
Unit 1 Introductions
Unit 2 Daily Routine
Unit 3 Talking about the Past
Unit 4 Future Plans
Unit 5 Describing People
Unit 6 Describing Places
Unit 7 Asking Questions
Unit 8 Making Requests
Unit 9 Preferences
Unit 10 Review of Units 1-9
Unit 11 Recommendations
Unit 12 Working with Numbers
Unit 13 Comparison
Unit 14 Agreeing and Disagreeing
Unit 15 Pros and Cons
Unit 16 Explaining Concepts
Unit 17 Explaining a Process
Unit 18 Explaining Graphs, Charts and Tables 1
Unit 19 Explaining Graphs, Charts and Tables 2
Unit 20 Giving a Presentation

▲ページトップに戻る