書籍検索

書籍紹介

NAVIGATING THROUGH CULTURAL DIVERSITY

異文化コミュニケーションを理解し、英語力を強化する。
著者 Gareth Monteath、Robert Hilke、Link Global Solution〔著〕
刊行日 2014年10月17日
ISBN 978-4-327-42192-2
Cコード 1082
NDCコード 830
体裁 B5判 並製 CD付 90頁
定価 定価2,530円(本体2,300円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

見本請求

内容紹介
(1) 英語力4技能(リーディング力、リスニング力、スピーキング力、ライティング力)をバランスよく学習できる!
(2) 英語圏の文化と社会を十分に理解することができる!
(3) TOEICの神ロバート・ヒルキの練りに練った問題で、TOEICテスト、TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト、そしてTOEFL iBTテスト対策も効果的にはかれる!
 
《音声データ》
・音声の種類:CD1枚(MP3)
・収録時間:2時間39秒
・収録言語:英語
・収録スピード:ふつう
 *“ふつう”は natulal slow を目安にしています。
 
〔大学テキスト 「Teacher's Manual」「教授用資料」「解答」等の別冊はご採用いただいた先生方専用です〕
 
<著者紹介>
ガレス・モンティース (Gareth Monteath)
ケンブリッジ大学院経営学修士(MBA: 最優秀論文賞)。シェフィールド大学院中国学修士(MSc)。ロンドンの大和ヨーロッパに勤務後、1991 年に来日。島根県に5 年間滞在後、上京。日本語能力試験1級のほか、JETRO 主催のビジネス日本語テスト1 級も取得している。現在マンチェスター大学院にて、経営学博士課程(DBA)を履修中。著書に、『頂上制覇 TOEIC® テスト リーディング Part 7 究極の技術』『頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術 トリプル模試』(研究社)、『WIN-WIN 交渉術』(清流出版)。(株)リンクグローバルソリューションで異文化マネージメントと英語モチベーションのセミナー、ワークショップに携わりながら、経営学の研究も行なっている。
 
ロバート・ヒルキ (Robert Hilke)
企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師。University of California 大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC, TOEFL, GRE など、テスト対策のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向けに年間約250 日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授歴は20 数年間におよぶ。「TOEIC200 点アップ請負人」としてメディアにも頻繁に登場、TOEIC 対策の第一人者として、多くの受験者の信頼を集めている。TOEIC 関係の著作は70 冊以上。TOEICテストは、旧バージョンから何度も受験し、その傾向・特徴を日々、分析している。ただ満点を連発するのではなく、毎回目標得点を決めて、それに限りなく近い点を狙いつつ、日本人の視点でTOEICテストを全方向から研究している。『新TOEIC® テスト 直前の技術』『新TOEIC® テスト「直前」模試3回分』(アルク)は、TOEIC 受験者のバイブルとなっている。
2013 年、研究社より、「頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術」シリーズ全6 巻刊行。現在も精力的に執筆活動を続けている。
 
リンクグローバルソリューション (Link Global Solution)
1989 年から、国内の多くの企業に対し、英語と異文化コミュニケーション理解の研修を行なっている。グローバルな環境に対応できる人材を養成するプロフェッショナル団体として、各企業から高い評価を得ている。人材管理のコンサルティングも行なう。
目次
1. Excel English
2. Socratic and Confucian Systems
3. Devil's Advocate
4. Low and High Context
5. Writer-Responsible vs. Reader-Responsible
6. Promises to Globalize
7. Linguistic Challenges in Organizations 1
8. Linguistic Challenges in Organizations 2
9. Monochronic vs. Polychronic
10. Perceived Lack of Transparency
11. Rugby and Golf Discussion Styles
12. How Important Is It to Be Assertive?

▲ページトップに戻る