書籍検索

書籍紹介

新編 小学校英語教育法入門

小学校で英語を教える人のための基礎知識
著者 樋口忠彦〔編者代表〕 / 加賀田哲也、泉 惠美子〔編〕
刊行日 2017年11月22日
ISBN 978-4-327-41098-8
Cコード 3082
NDCコード 807
体裁 A5判 並製 250頁
定価 定価2,268円(本体2,100円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 小学校で英語を教える人にとって必要な基礎知識をコンパクトに収めた半期用の大学教科書。好評を博した『小学校英語教育法入門』(2013年)の改訂版で、平成29年3月告示の学習指導要領に対応。本書では、英語の教科化、モジュール授業、文字指導、アクティブラーニング、Can-do評価など、新しい指導要領で課題となっているテーマを積極的に取り上げた。執筆は、小学校英語教育を理論と実践の両面でリードしてきた日本児童英語教育学会のメンバー。

<編者代表者紹介>
樋口忠彦(ひぐち ただひこ) 大阪教育大助教授、近畿大教授を歴任。児童英語教育学会(JASTEC)、英語授業研究学会の元会長。編著書に『小学校からの外国語教育』(1997)、『これからの小学校英語教育』(2005)、『小学校英語教育の展開』(2010)、『児童が生き生き動く英語活動』(2003)、『個性・創造性を引き出す授業』(1995)、『すぐれた英語授業実践』(2007)、『英語授業改善への提言』(2012)など多数
目次
1章 外国語教育の目的と目標
 1節 外国語教育の教科化の経緯と目的、理念
 2節 学習指導要領における外国語活動、外国語科の目標
 3節 小・中・高の外国語教育における小学校の役割
 4節 小学校の外国語は英語が原則である理由
 5節 諸外国の小学校外国語教育――共通点と相違点

2章 関連分野からみる外国語教育の意義と方向性
 1節 母語習得と第二言語習得
 2節 神経言語学と臨界期仮説
 3節 発達心理学と学習者要因
 4節 コミュニケーション能力
 5節 国際教育、国際理解教育、および異文化間コミュニケーション
 COLUMN 1 児童の発達段階に即した授業づくり

3章 指導者の役割、資質と研修――よりよい指導者をめざして
 1節 指導者と指導形態
 2節 指導者の役割――担任の役割を中心に
 3節 指導者に求められる資質と能力
 4節 よりよい指導者をめざす
 COLUMN 2 指導者に求められる資質と能力――ファシリテーターとしての教師

4章 教材の構成と内容
 1節 教材の役割と使用法
 2節 教材・テキスト作成の基本方針
 3節 日本で使用されるテキストの構成と内容
 4節 韓国、台湾のテキストの内容と構成

5章 指導目標、領域別目標、年間指導計画の立て方と具体例
 1節 指導目標、領域別目標、年間指導計画の設定にあたって
 2節 指導目標および領域別目標の具体例
 3節 年間指導計画の立て方
 4節 年間指導計画の具体例――京都教育大学附属京都小中学校

6章 言語材料と4技能の指導
 1節 外国語活動・外国語科の言語材料
 2節 4技能の指導

7章 教材研究 1――児童が英語に楽しく触れ、慣れ親しむ活動
 1節 望ましい活動の条件と活動の選択・開発の視点
 2節 活動の具体例
 COLUMN 3 児童の興味・関心を引きつける活動の工夫

8章 教材研究 2――児童が創意工夫し、生き生きと英語を使う活動
 1節 望ましい活動の条件と改善・開発の視点
 2節 創意工夫し、英語を生き生きと使う活動
 COLUMN 4 児童が生き生きと英語を使う活動とは?

9章 指導方法と指導技術
 1節 外国語の授業で活用できる指導法
 2節 児童に合った望ましい指導法とは
 3節 外国語の授業で活用したい指導技術
 4節 指導形態に応じた円滑な授業実践のために大切なこと

10章 いろいろな教材、教具の活用法
 1節 教材、教具の選定の視点
 2節 教材、教具、機器の活用法と作成方法
 3節 教材、教具、機器利用上の留意点

11章 評価のあり方、進め方
 1節 評価とは
 2節 評価方法
 3節 評価の観点と望ましい評価のあり方
 4節 さまざまな評価方法と進め方
 5節 評価の活かし方と留意点
 COLUMN 5 児童を育てる相互評価と自己評価

12章 授業過程と学習指導案の作り方
 1節 授業過程――各授業過程の役割と必要な活動
 2節 学習指導案の構成と作り方
 3節 学習指導案の具体例
 4節 学習指導案の活用

13章 授業づくり――事前準備から振り返りまで
 1節 授業前の準備
 2節 授業中の留意点
 3節 授業後の振り返り
 COLUMN 6 授業づくりのコツ――3つの共有とPDCAサイクル

14章  豊かな小学校外国語教育をめざして――外国語活動の成果と課題を踏まえて
 1節 外国語活動の成果と課題
 2節 小学校外国語教育の課題と改善策

資料 1 教室英語
資料 2 小学校学習指導要領 「外国語」

▲ページトップに戻る