書籍検索

書籍紹介

英語教育のアクション・リサーチ ――Reflective Teaching in Second Language Classrooms

教師の指導力を伸ばすアクション・リサーチ
著者 ジャック・C. リチャーズ、チャールズ・ロックハート〔著〕 / 新里眞男〔編〕
刊行日 2000年7月25日
ISBN 978-4-327-41056-8
Cコード 3082
NDCコード 807
体裁 A5判 並製 240頁
定価 定価3,080円(本体2,800円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 アクション・リサーチとは、教師がクラスで教えながら、調査や実験をし、授業の評価や反省を行ない、自らが抱える問題を解決し、指導力を高めることを目的とするものである。本書は実例をまじえながら、その方法についてわかりやすく解説する。
目次
訳者まえがき
シリーズ編集長のまえがき
まえがき
 
序:授業過程の探究を通した教員研修
 
第1章 授業を通した指導研究アプローチ
 日誌
 授業記録
 実地調査やアンケート調査
 録音やビデオによる授業記録
 観察
 アクション・リサーチ
 [アペンディスク]
 
第2章 教師の信条を探る
 教師の信条のみなもと
 英語についての信条
 学習についての信条
 指導についての信条
 プログラムやカリキュラムについての信条
 専門職としての語学指導についての信条
 発展活動
 [アペンディスク]
 
第3章 学習者に焦点を当てる
 学習者の信条システム
 認知スタイル
 学習方略
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 1
 [アペンディスク]
 
第4章 教師の意思決定
 計画意思決定
 相互作用的意思決定
 評価的意思決定
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 2
 [アペンディスク]
 
第5章 教師の役割
 役割の本質
 組織的な要素を反映した教師の役割
 指導理論や指導法を反映した役割
 個人的な指導観を反映した教師の役割
 役割の文化的な次元
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 3
 
第6章 言語授業の構造
 始まり
 順序立て
 ペース配分
 終わり
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 4
 [アペンディスク]
 
第7章 第2言語教室におけるインタラクション
 教師の行動区域
 インタラクション能力
 学習者のインタラクション・パタン
 グループ編成
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 5
 [アペンディスク]
 
第8章 言語学習活動の本質
 言語学習活動のタイプ
 言語学習活動の局面
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 6
 [アペンディスク]
 
第9章 教室での言語使用
 教師は自分の言語をどのように修正するか
 教師の質問
 フィードバック
 教室における学習者の言語使用
 発展活動
 アクション・リサーチ ケーススタディ 7
 
エピローグ
 
参考文献
索引

▲ページトップに戻る