書籍検索

書籍紹介

新版 英語音声学・音韻論入門
English Phonetics and Phonology: An Introduction (Third Edition)

音声学・音韻論に関する予備知識のない人のための初歩的な入門書
著者 フィリップ・カー〔著〕 / 竹林 滋、清水あつ子〔訳〕
刊行日 2021年3月15日
ISBN 978-4-327-40174-0
Cコード 3082
NDCコード 831
体裁 A5判 並製 音声DL 288頁
定価 定価3,520円(本体3,200円+税10%)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
英語音声学および英語音韻論について何らの予備知識を持たない人たちのためにわかりやすく書かれた『英語音声学・音韻論入門』を改訂・増強した新版。調音音声学への初歩的な導入に始まり、音素論、音節構造、語強勢、リズム、イントネーション、英語のアクセントの変異などをきわめて簡潔に解説する。新版では、つづり字と発音の関係、第一言語および第二言語における音声と音韻の習得に関する章が加わり、英語非母語話者や英語教師にとってより役立つものとなっている。
 
《本文見本はこちらから》

  
<著者紹介>
〔著者〕
フィリップ・カー(Philip Carr)(1953-2020)
フランス、モンペリエ大学名誉教授。著書に Phonology(Macmillan)など。
 
〔訳者〕
竹林 滋(たけばやし しげる)(1926-2011)
東京外国語大学名誉教授。『新英和大辞典』『ライトハウス英和辞典』など多くの辞書の編纂に携わる。著書に『英語音声学入門』(大修館書店)、『英語音声学』(研究社)など。
 
清水 あつ子(しみず あつこ)(1948-  )
明治大学名誉教授。著書に『初級英語音声学』(大修館書店)、『新英和大辞典』『コンパスローズ英和辞典』(研究社)など。
目次
1 英語音声学: 子音 (i)
2 英語音声学: 子音 (ii)
3 英語音声学: 母音 (i)
4 英語音声学: 母音 (ii)
5 音素論の原理
6 英語の音素
7 英語の音節構造
8 英語のリズムと語強勢
9 リズム・反転・弱化
10 英語のイントネーション
11 書記音素論: つづり字と発音の関係
12 英語のアクセント間の変異
13 英語のアクセントの概要
14 第一言語(L1)としての英語の音声と音韻の習得
15 第二言語(L2)としての英語の音声と音韻の習得

▲ページトップに戻る