書籍検索

書籍紹介

コーパス語彙意味論 ――語から句へ

コーパスと語彙研究の新たなインターフェース
著者 マイケル・スタッブズ〔著〕 / 南出 康世、石川 慎一郎〔監訳〕
刊行日 2006年5月8日
ISBN 978-4-327-40143-6
Cコード 3082
NDCコード 834
体裁 A5判 並製 400頁
定価 定価4,180円(本体3,800円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 意味は使用である(Meaning is use)。語を個別的にとらえる従来の語彙研究の枠を超え、句・コロケーション・テクスト・文化の中に語を位置づけ、意味生成のメカニズムを解明しようとする。Firth―Halliday―Sinclair の流れをふまえつつ、コーパスを駆使し、語彙意味論の新たな可能性を切り開いた。コーパスのほか、さまざまな分野からの英語の実例を多数掲載。本書の分析自体がコーパス言語学実践のすぐれたモデルとなっている。

著者紹介
マイケル・スタッブズ(Stubbs,Michael)
 英国人。ロンドン大学にて教授を務めた後、1990年からドイツ・トーリア(Trier)大学英語学教授。専門は英語学のほかテクスト・談話分析、コーパス言語学など。著書の1つ Discourse Analysis (1983 Blackwell) は1989年、研究社出版から南出康世・内田聖二共訳により『談話分析』として刊行された(現在は絶版)。
目次
巻頭 ― 謝辞 / 凡例 / コーパス・データおよびソフトウェア紹介
第1部 基礎編 ― 第1章 実際に使用されている語 / 第2章 語・句・意味
第2部 事例研究 ― 第3章 句の中の語(1) / 第4章 句の中の語(2) / 第5章 テクストの中の語(1) / 第6章 テクストの中の語(2) / 第7章 文化の中の語(1) / 第8章 文化の中の語(2)
第3部 研究への示唆 ― 第9章 語・句・暗示的意味 / 第10章 データと二元論
巻末 ― 参考文献 / 術語対照表 / あとがき / 索引(人名・事項・分析事例語句)/「あとがき」

▲ページトップに戻る