書籍検索

書籍紹介

日英語比較選書6〈全10巻〉
空間と移動の表現

著者 田中茂範、松本 曜〔共著〕 / 中右 実〔編〕
刊行日 1997年10月30日
ISBN 978-4-327-26006-4
Cコード 3380
NDCコード
体裁 A5判 並製 256頁
定価 定価2,640円(本体2,400円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
われわれの外界認知のパタン形成に決定的な意味合いを持つ空間関係と移動関係を把握する手がかりは言語表現である。その言語表現は確かに人間共通の認知のありようを反映するのだが、その反映の仕方はあくまでも特定言語の語彙・文法体系の制約の範囲内にとどまっている。(「はしがき」より)
 
第I部: 空間表現の意味・機能 空間関係を表す英語の前置詞と日本語の空間表現を比較、助詞と前置詞の日英語の文法体系内での異質な役割分担を問う。第II部: 空間移動の言語表現とその拡張 日本語と英語の空間移動表現の性質を比較、その対照的な性格を明らかにしながら、言語一般の性質にせまる。
目次
<第1部 空間表現の意味・機能>
 
はじめに
 
第1章 日本語空間表現の特徴:日英語比較の可能性
用語上の問題
日本語の空間表現の形態的特徴
助詞の機能
 助詞の操作子機能
助詞言語と前置詞言語
空間辞の機能的役割
 「の」の操作子機能
 「から」と「まで」の操作子機能
 「を」の操作子機能
 「に」の操作子機能
 「へ」の操作子機能と視点
 「で」の操作子機能
日英語比較の試み
 「に/で/at」と<接触>概念
  At と「ところ」
 「ところ」の意味・機能
結語:日英語比較の可能性
 
第2章 前置詞における多義の多義性
旧来のコア理論:意味成文抽出論
複数図式論:LNM の立場
 複数図式論の問題点
コア図式論
 Over のコア図式
 多義の換喩的プロセス
 By の多義性
結語
 
第3章 周辺空間詞における日英語比較
周辺空間詞の意味的関係
 英語の周辺空間詞の意味的特徴
 日本語の周辺空間詞の意味的特徴
 周辺空間詞の日英語比較
言語使用における空間詞の日英語比較
 視点内在の表現と視点不在の表現
 事例研究1:前と後
 事例研究2:横並びの関係
 事例研究3:視点の複数性
結語
おわりに
 
<第2部 空間移動の言語表現とその拡張>
 
はじめに
 
第1章 移動動詞における語彙化パタン
移動を構成する諸要素
英語の移動動詞
 様態の包入と経路位置関係の前置詞
 経路位置関係および方向性の包入
 付帯状況の包入
 原因の包入
 付帯変化の包入
 名詞からの派生による経路位置関係+基準物の包入
 名詞からの転用による移動物の包入
日本語の移動動詞
 方向性、経路位置関係の包入
 様態と付帯状況の包入
 付帯変化と原因の包入
 和語複合移動動詞と付帯状況、様態、経路位置関係、方向性
 複合移動述語と付帯状況、様態、経路位置関係、方向性
 漢語複合移動動詞と様態、経路位置関係、方向性
 和語複合移動動詞における原因の包入
 漢語複合移動動詞における経路位置関係+基準物の包入
 漢語複合移動動詞における移動物の包入
まとめ
 
第2章 使役移動動詞における語彙化パタン
英語の使役移動動詞
 使役の手段の包入
 移動の様態の包入
 移動の方向性、経路位置関係の包入
 移動の付帯変化の包入
 経路位置関係+基準物の包入
 移動物の包入
日本語の使役移動動詞
 経路位置関係の包入と使役の表現
 使役の手段の包入
 移動の様態の包入
 移動の付帯変化の包入
 和漢複合移動動詞における使役の手段と移動の諸相
 経路位置関係+基準物の包入
 移動物=被使役物の包入
 複合的移動動詞による使役移動表現
まとめ
語彙化パタンの日英比較:総括
 
第3章 日英語移動表現における共通性
様態と経路位置関係の性質
 様態、経路位置関係の性質と移動の性質
 様態の移動動詞と着点句の問題
 経路位置関係の性質
包入に伴う移動動詞の意味的制約
 様態と付帯状況の包入
 経路位置関係の包入1:通過の動詞
 経路位置関係の包入2:出入りの動詞
 経路位置関係の包入3:離発着の動詞
 使役と原因の包入
まとめ
 
第4章 移動表現の拡張:主観的移動表現
範囲占有経路表現
 範囲占有経路表現の性質
 日英語の範囲占有経路表現の共通点
 日英語の範囲占有経路表現の相違点
到達経路表現
 到達経路表現の性質
 日英語の到達経路表現の共通点
 日英語の到達経路表現の相違点
考察
 
第5章 結語
 
参考文献
索引

▲ページトップに戻る