書籍検索

書籍紹介

英語基本名詞辞典 ――――A DICTIONARY OF ENGLISH WORD GRAMMAR ON NOUNS

著者 小西友七〔編〕
刊行日 2001年5月1日
ISBN 978-4-327-23602-1
Cコード 3582
NDCコード 835
体裁 A5判 上製 函入 1,904頁
定価 定価19,800円(本体18,000円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 本辞典は、「英語語彙文法」の第3巻として編まれたもので、現代英語の基本名詞233項目(363語)を取り上げ、その活用を方式化して、語彙の文法を記述するものである。
 
1.本辞典の対象者は大学生・教師・一般社会人とするが、英語学を専攻していない人にも理解できるように専門用語の使用を最低限に抑え、できるだけ平易な記述をめざした。
2.記述の対象は現代アメリカ英語を中心とするが、イギリス英語にも配慮し、用例収集も小説に偏らず広く口語・文語の全領域をカバーすることを心がけた。また、必要に応じて音声面にも言及した。
3.各語は「概説」「構文」「関連事項」から成り、必要に応じて NB を設けた。
 (1) 「見出し語」は基本名詞をアルファベット順に並べてあるが、例えば、night (morning, afternoon, evening) のように、ある名詞の関連語として関連事項で詳しく記述した語は準見出し語とした。
 (2)「概説」では語の全体的把握をめざした。語の中核的ないし基本的意味を明記し、語源に関する情報、派生的意味に移り変わる過程、語義間の関係、文化背景的な情報、連想に関する情報などについても概略的説明を行った。
 (3)「構文」ではおもに統語的な説明をした。最初に、名詞の種類、不定冠詞や数詞の付加の可能性、複数形の有無などについて述べ、次いで、当該名詞の形容詞との連語、名詞との連語(形容詞的に用いられる名詞との連語、前置修飾語としての他の名詞との連語)、前置詞との連語(前置詞の目的語としての連語、後置修飾語として働く前置詞句との連語)、動詞との連語(主語としての動詞との連語、目的語としての動詞との連語)をこの順に構文として挙げた。
 (4)「関連事項」ではその語を取り巻く周辺的、付加的事項を述べた。
 (5) NB ではさらに詳しく知りたい読者のために各語の個別的な記述、敷衍的な説明を行った。
5.用例は原則として1950年以降の英語のネイティブ・スピーカーによるものとし、引用作品は特定のジャンルに片寄らないようにした。
6.情報の少ない語についてはインフォーマントから情報や用例の提供を受けた。

▲ページトップに戻る