書籍検索

書籍紹介

英国十八世紀文学叢書4〈全6巻〉
オトラント城/崇高と美の起源

奇跡、幻影、魔法、予知夢――あらゆる超自然が信じられていた、暗黒の時代の物語
著者 ホレス・ウォルポール〔著〕 / 千葉康樹〔訳〕 / エドマンド・バーク〔著〕 / 大河内昌〔訳〕
刊行日 2012年2月22日
ISBN 978-4-327-18054-6
Cコード 0397
NDCコード 933
体裁 四六判 上製 350頁
定価 定価3,456円(本体3,200円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
『オトラント城』は最初のゴシック小説であり、今日のホラー小説の原点である書。格調は損なわずに斬新な新訳で刊行する。『崇高と美の起源』は、そのゴシック美学をはじめて理論化したエッセイ。

 『オトラント城』 ホレス・ウォルポール 著/千葉康樹 訳
 『崇高と美の起源』 エドマンド・バーク 著/大河内昌 訳


▲ページトップに戻る