書籍検索

書籍紹介

英国十八世紀文学叢書1〈全6巻〉
パミラ、あるいは淑徳の報い

「あの人はついに本性を現したのです」
――英国小説はユウワクで幕を開ける。
著者 サミュエル・リチャードソン〔著〕 / 原田範行〔訳〕
刊行日 2011年12月21日
ISBN 978-4-327-18051-5
Cコード 0397
NDCコード 933
体裁 四六判 上製 816頁
定価 定価5,184円(本体4,800円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
 情欲に満ちた若主人に誘惑されて監禁されてしまった美しく無垢なメイド、パミラ。
孤立無援のなかで貞操を守るための必死の駆け引きが始まる……。
英国の古典として、そして世界の小説史のなかでも不動の位置を占める書簡体小説の新訳。


▲ページトップに戻る