書籍検索

書籍紹介

研究社 シェイクスピア・コレクション5〈全10巻〉
ロミオとジュリエット

敵対する両家に生まれた二人の運命的な恋。
著者 大場建治〔訳〕
刊行日 2010年4月23日
ISBN 978-4-327-18025-6
Cコード 0398
NDCコード 932
体裁 B6判 上製 256頁
定価 定価2,160円(本体2,000円+税)

ネット書店からのご購入(近刊予約ページにつきましては発売月初旬頃までに表示されます)

リアル書店在庫確認

内容紹介
「名前にいったい何がある? あの薔薇って名前の花は別の呼び名だって甘い香りに変りはないでしょうに」
――敵対する両家の憎しみを超えて、愛の真実を純粋の目で直視する二人の若い恋人たちは死への道をまっしぐらに突き進む。恋に生き、恋に死んだ若い二人の清冽な青春。


 シェイクスピアで人生を読む!
 瑞々しい青春、情熱の恋、「時」に翻弄される人間の悲劇、人間存在の不思議…。
 シェイクスピアが現代に生きるわれわれに訴えるものとは何か。
 日本で初めてテキスト編纂に挑んだ訳者ならではの、舞台のリズム・台詞のリズムを完璧に活かした、流麗のシェイクスピア決定訳。
 本シリーズは、同じ訳者による「対訳・注解 研究社 シェイクスピア選集」[全10巻]の訳の部分を抜き出して、再編したもの。各巻とも新しい解説を加えました。


〈著者紹介〉
大場建治(おおば けんじ)
 1931年生まれ。明治学院大学名誉教授。英文学者、英米演劇専攻・演劇評論家。著書に、『シェイクスピアの贋作』(岩波書店)、『シェイクスピアを観る』(岩波新書)、『シェイクスピアの墓を暴く女』(集英社新書)、『シェイクスピアの翻訳』(研究社)、『シェイクスピア大事典』(編著、日本図書センター)、『研究社 シェイクスピア辞典』(編著、研究社)、訳書に『対訳・注解 研究社シェイクスピア選集』全10巻(研究社)、『じゃじゃ馬馴らし』(岩波文庫)など。

目次
ロミオとジュリエット
シェイクスピア劇を読むために
『ロミオとジュリエット』のテキスト
『ロミオとジュリエット』の映画

▲ページトップに戻る